単なる翻訳サイトではない、
海外集客を可能にする
Webサイト

海外現地法人の立ち上げは容易ではありませんが、Webサイトを制作することで、日本にいながら全世界へ情報を届けることができます。しかしターゲットとする国や地域によって、嗜好や常識は異なりますので、日本の感覚でサイトを制作しても満足いく効果は期待できません。海外向けのサイト制作実績・ノウハウのある制作会社に相談することで、現地の商習慣やニーズを汲み取りながらもスピーディーな海外展開が実現できるのです。

こんなお悩みありませんか?

1つでも該当する課題がございましたら、一度ご相談ください。
パートナー企業と一緒に、目標を達成しビジネスを加速させませんか。

  • 海外展開を考えているが、ターゲットとする国の事情がわからない
  • 現地の人のニーズや嗜好にあったWebサイトがほしい
  • 海外向けにどのようなプロモーション戦略を行えばよいかわからない
  • 直訳ではなく現地の人の感覚にあわせた翻訳をしたい

解決方法の一例

下記はWebで集客させるための手法の一例です。
ご予算に応じて様々なマーケティング手法を組み合わせたご提案が可能です。

  • アクセス解析・ターゲット地域の調査

    既存の多言語サイトがある場合や既に海外ターゲットからの流入がある場合、アクセス解析によって使用されているキーワードや地域を特定し、ターゲットとなる国・地域からの訪問が増える設計を行ないます。新規で立ち上げる場合は、ターゲットとする国・地域に関するインターネットの動向やトレンドをリサーチし設計します。国・地域のニーズや嗜好の情報を把握することで、効果的な海外向けサイトの制作につながります。

  • 多言語Webサイト制作

    日本版と同じデザインテイストで翻訳することも可能ですが、よりターゲットの国・地域のターゲットに向けて効果的に情報を配信するためには、現地の嗜好にあわせたデザインを行なう必要があります。日本の感覚とアジア圏・アメリカ圏・ヨーロッパ圏の感覚や嗜好は全く異なりますので、サイトの構成・使用する色や色の数・フォントサイズ等これら1つ1つターゲット国・地域に合わせてローカライズ化しサイトを作り上げます。

  • 海外向けSEO

    同じSEO手法で、すべての国で効果が発揮されるわけではありません。検索エンジンはアメリカ圏・ヨーロッパ圏ではGoogleのシェアが高いですが、アジア圏ではローカル検索エンジンが勝ります。サイト検索の方法も国ごとの主流があったり、使用されるキーワードも異なります。そのため、多言語SEOのノウハウや経験をもとに、SEOは国毎に対策を行うことでよりターゲット国・地域のユーザーの流入を増やします。

  • 多言語翻訳

    一言に英語翻訳といっても、アメリカ英語・イギリス英語はそれぞれに違いがあります。スペルはもちろん、アメリカではカジュアルな表現・イギリスでは硬い表現を用いる傾向があるのです。翻訳が稚拙なことで不信感を与えないためにも、多言語サイトにとって翻訳の完成度はとても重要なのです。より効果を高めるためには、ご予算やご要望に応じて、ネイティブチェックによる入念なチューニングも実施することが可能です。